『ネジキカップ』参加者一覧

f:id:kikuitiniconico:20180606000345j:plain

募集は124まで(運営含め128人)

 

0.菊一文字(運営)

0.あばたー(運営)

0.おぜ(運営)

0.やんこぽけ(運営)

1.ノストラ

2.シュウ:)

3.Braze

4.ごましお

5.shoω

6.ネツァク

7.おたま

8.匙斬恋歌

9.ブロッコ

10.さんかく

11.からねこ

12.そいそーす少尉

13.まる

14.せうゆ

15.ポケゴリラ

16.こじろう

17.いてり

18.キューーー@

19.ヒナタ

20.浜風

21.Mars

22.ビーボー

23.けんぽろ

24.デスソード

25.まぐな☆かるた

26.ゆきめ

27.ベニマグロ

28.ソロ

29.ぐちお

30.わかめ

31.たかちー

32.バラ

33.トライ&エラー

34.塩プリン

35.イージス

36.ゆかた

37.ナイル

38.なと

39.りょうちん

40.ディフ

41.柴犬

42.サオトメ

43.カリウム

44.むろい

45.ほっぴー

46.ぽいっ🍙

47.ラディッシュ

48.リメラぽけ

49.ようとる

50.城之内

51.ゲテヲ

52.シドニー

53.Qpoke

54.時雨

55.いかな

56.マスター

57.とさか

58.シラス太郎

59.ごぜんれーじ

60.マサクロ

61.Joker

62.まおちゃん

63.たろういも

64.くまー

65.亀乃清凛

66.マイゴ

67.えふ

68.しんすけ

69.うづき

70.リアン

71.むかきち

72. ギロスGX

2018/6/16 0:00更新

f:id:kikuitiniconico:20180610144435j:plain

オンライン大会『ネジキカップ』要項

 

 概要

・「バトルファクトリールール」によるUSUMシングルバトルトーナメント戦

f:id:kikuitiniconico:20180602192141p:plain

運営

菊一文字(@kikuitiniconicno)【主催】

・あばたー(@rionel_on)

・おぜ(@pozzetmonster)

・やんこぽけ(@yanko_poke)

 

参加定員

128人(対戦参加する運営を含む)

定員が埋まって以降の参加申請はキャンセル待ち扱いとします。キャンセル待ちから対戦参加へ繰り上がりは大会前日まで自動的に行われるため、随時要項を確認してくだい。

 

参加資格

Twitterで連絡が取れること

ポケモンUSUMでオンライン対戦できる環境があること

・最低限のマナーを守れること

要項を確認し、本大会に最後まで責任を持って参加できること

 

本大会は、参加の準備のため複数体のポケモンの育成が必要になる場合があります。また、参加者間の連絡とポケモン交換を頻繁に行います。これらの点を十分ご理解の上、ご参加ください。

 

スケジュール

6/56/30

参加申請期間

 

7/1

1回戦手持ちポケモン抽選

22:00

菊一文字(@kikuitiniconico)のツイキャスで放送予定。後日発表。

 

8/1

ブロック・トーナメント発表

 

8/5

参加者点呼

18:2018:50

 

トーナメント戦開始

19:00

 

バトルファクトリールール

・本大会の特別ルールです。

 ・初期の(第1回戦に使用する)手持ちは抽選によって決められます。(下記詳細参照)

 ・対戦ルールはシングルレート準拠のフラットバトルです(使用ポケモンにカロス・アローラマーク必須)。ただし、メガストーンの使用を禁止します。

・技「おんがえし」と「やつあたり」の使用を禁止します(2018/6/12追記)

 ・対戦終了後、対戦して勝利した方は負けた方の手持ち6体から1体指名し、自分(勝利した方)の手持ち6体のうち1体と指名したポケモンを交換します。この時、ポケモンの情報をやりとりすることはできません(対戦中の情報のみをもとに指名してください)。負けた方は指名されたポケモンの交換を断ることはできません。また、交換後に指名を変えることはできません。交換しなかった5体と交換して渡されたポケモンを1体で次の対戦へ進みます交換は必ず行ってください。これをトーナメント進行中繰り返します。

・1パーティ内に(フォルム等に関わらず)同じポケモンが2体含まれる結果となる交換はできません。

例:Aさんパーティ【f:id:kikuitiniconico:20180610235805p:plainf:id:kikuitiniconico:20180610235905p:plainf:id:kikuitiniconico:20180610235955p:plainf:id:kikuitiniconico:20180611000008p:plainf:id:kikuitiniconico:20180611001103p:plainf:id:kikuitiniconico:20180611001121p:plain

  Bさんパーティ【f:id:kikuitiniconico:20180611001229p:plainf:id:kikuitiniconico:20180610235905p:plainf:id:kikuitiniconico:20180611001349p:plainf:id:kikuitiniconico:20180611001404p:plainf:id:kikuitiniconico:20180611001429p:plainf:id:kikuitiniconico:20180611001444p:plain

※Aさん対Bさんの試合の結果、Aさんが勝った場合、Aさんは自分のフワライドとBさんのバンギラスを交換することはできない(バンギラス同士は交換できる)。また、フワライドとロトム水を交換することはできない(ロトム炎とロトム水は交換できる)。(2018/6/11追記)

・交換はポケモンのみを交換し、道具を持たせたまま交換する必要はありません交換されたポケモンには使用者がルールの範囲内で自由に道具を持たせられますが、レベルや技構成は変更不可です

 ・トーナメントは4ブロックに分かれており、各ブロックには表トーナメントと裏トーナメントがあります。最初、参加者は全員表トーナメントに配置されます。表トーナメントで敗退した場合、裏トーナメントに配置されます。裏トーナメントで敗退すると本大会の参加は終了になります。

 

初期(第1回戦用)手持ちポケモン抽選  

・シングルレートで使用可能なポケモンのうち、準伝説、UB、タイプ・ヌル、シルヴァディ、シングルバトルでの活用が厳しいと思われる進化前ポケモンを除いた409種類(変更可能性あり)のうち8種類を各参加者へ無作為に割り当てます。参加者のみなさんは割り当てられた8種類の中から6種類を選択して初期手持ちを構成してください。(各フォルム違いポケモンは基本的に別種として扱っていますが、バケッチャは全てのサイズを同種と扱い、好きなサイズのバケッチャ1体を使用することができます。)

・抽選の結果、2種類以上のフォルムのポケモンが含まれた場合は再抽選します。(2018/6/11追記)

・初期手持ちポケモンの個体は各自で育成・調達をお願いします。運営から供給することはありません。

 ・抽選の模様は7/1 22:00~菊一文字ツイキャスにて放送予定です。抽選結果は後日、本記事に追記します。

 

勝利・敗戦報告

トーナメントの試合結果は勝者が各ブロックを担当している運営スタッフにDMで報告してください。

・報告は以下の例に倣って行ってください。

 ※?-?は試合番号、◯はトーナメント番号。必ずTNで報告。

 

例) ?-?番の試合は◯番キクイチの勝ちです。

 

・報告後は各自トーナメントを確認して試合を進めてください。また、運営の指示があればそれに従ってください。

 

禁止・注意事項

・対戦中の切断を禁止します。それぞれのブロックの対戦中に切断が起こった場合は「相手の通信が切断されました」と表示された側の勝利とします。

TODを禁止します。

ルールの範囲内であればポケモンのニックネーム、レベル、個体値、技構成等は自由です。適正なものであれば、交換されたポケモンについて交換相手に言及することはできません。

・動画サイト等による配信は対戦相手の許可があれば可能です。

Twitter上での連絡が取れず、大会進行に支障が出ると判断した場合は失格にする場合があります。

・大会終了後のポケモンの交換については原則関与しません。しかし、大会中に手放したポケモンは返却されないことを前提に参加をお願いします。

・大会中の問題、トラブルについて問い合わせたい時は各ブロック担当の運営スタッフに問い合わせてください。

・要項は随時更新される場合があります。

・ルール、要項に違反した参加者や、大会進行に支障をきたすような行いをした参加者については厳正に処分します。

 

参加申請

Twitterで行います。菊一文字(@kikuitiniconico)ハンドルネームトレーナーネーム@ フレンドコード要項に同意した旨 を以下のテンプレート通り記入の上、リプを送ってください。菊一文字のいいねを持って参加申請完了とし、後日掲載予定の参加者一覧を確認してください。いいねが押されない、一覧に載ってないなど不備がありましたら、お手数ですが菊一文字までお知らせください。

※追記:@の後に半角スペースを入れてフレンドコードを入力するようお願いします。

 

【テンプレート】 

@kikuitiniconico

 ①菊一文字

 ②キクイチ@ 3969-5059-2807

 ③ネジキカップ要項に同意します。

 

賞品

表トーナメント1位・裏トーナメント1位へ贈呈します。

 

図太いスイクン or 臆病めざ氷ライコウ    

f:id:kikuitiniconico:20180605155517p:plainf:id:kikuitiniconico:20180605155736p:plain

※どちらもカロス産、通常色、マスターボール入り、レベル100王冠使用済、NN変更不可(デフォルト名)。 表トーナメント1位はどちらかを選べますが、裏トーナメント1位に選択権はありません。

 

賞品は大会終了後、菊一文字からDMで連絡を取り授与します。賞品の授与までには時間がかかる場合があるのでご了承ください。

【USUMシーズン9】氷結雨 ~エルフドランを添えて~ 【最高1959】



 

はじめに

 こんにちは。菊一文字です。S9お疲れさまでした。

今回はシーズン終了後恒例の構築紹介です。パーティメンバーと最高レートはこちら。

f:id:kikuitiniconico:20180512163729p:plain

f:id:kikuitiniconico:20180511025535j:plain

また2000のってねぇよ...コイツ...

毎回レート1950止まりの、いつまでも成長しない弱いままの自分に嫌気がさします。

ですが、2年前に動画投稿をきっかけに本格的にポケモンとかかわり始めて以降、ブログを書いたり、対戦オフに出場したり、最近ではありがたいことに対戦オフのスタッフもやらせて頂いています。

ぬるいことを言うようですが、今後もレートを求めつつも、執着しすぎず、投げ出してしまわないようにコツコツやっていこうと思います。今回もおつき合いください。

 

パーティ紹介

 

 

ニョロトノ 

f:id:kikuitiniconico:20171108062241p:plain

[特性] あめふらし

[持ち物] だっしゅつボタン

[技] ねっとう・アンコール・ほろびのうた・まもる

[能力値・努力値] 197(252)-X-125(220)-110-134(36)-90

 

いつもの雨始動要員。エルフーンの次に好きなポケモン

以前にこのブログにも登場していますし、このポケモンに関しては不満がないので、特に書くこともありません。

しかし、今期何度か雨ミラーの対戦をした中で、ペリッパーの強さを感じることが多かったので、一度ペリッパーも食わず嫌いせずに試してみようかな、と思います。

 

 

ラグラージ

f:id:kikuitiniconico:20171108064630p:plain

[特性] げきりゅう→すいすい

[持ち物] ラグラージナイト

[技] たきのぼり・じしん・れいとうパンチ・みがわり

[能力値・努力値] 175-222(252)-130-X-131(4)-122(252) ※メガ後

 

今回は、4つめの技をみがわりにしてみました。

カバルドンエンペルトテッカグヤ等、補助技で流してくる相手に隙を見せなかった点はかなり強かったですが、安易にHPを削るとバシャーモの膝が受からなくなったりするので、使いどころが難しい技にも感じました。

 

 

オニゴーリ

f:id:kikuitiniconico:20180511034108p:plain

[特性] ムラっけ

[持ち物]たべのこし

[技] フリーズドライぜったいれいど・みがわり・まもる

[能力値・努力値] 175(172)-X-100-100-111(84)-145(252) 

 

今回のテーマの1つが「雨パ+オニゴーリ」でした。

ラグラージが苦手な低速ポケモンを起点に、一気に勝ち筋を掴み、オニゴーリが起点にできないポケモンラグラージで上から叩いていく...というものでした。

また、雨パとオニゴーリの相性の良さはそれだけではなく、オニゴーリラグラージが苦手な水・草タイプに対して打点があり、弱点の炎技を半減する雨天候の恩恵を得られます。さらに、オニゴーリが非常に単体性能の高い抜きエースであるため、裏選出を意識せず、残りの3体を雨パの補完にあてることができ、雨選出をしやすい1メガの雨パを実現してくれました。

しかし、実際はのろい持ちのミミッキュが非常に重たくなり、高レート帯になればなるほどオニゴーリ選出時の勝率は低くなりました。

その上、思うように能力を上げてくれないし、絶対零度もさっぱり当ててくれないし......僕の運が悪かったと言いたいわけではないですが、そう感じる以上、僕にとっては苦手なポケモンだったのかなと思います。

 

さて、残り3体ですが、上述した通り彼らには雨パの補完としての役割を持たせています。

 

 

サンダー

f:id:kikuitiniconico:20171230231845p:plain

[特性] プレッシャー

[持ち物] マゴのみ

[技] ほうでん・みがわり・どくどく・はねやすめ

[能力値・努力値] 191(204)-×-109(28)-146(4)-141(148)-136(124)

 

VirginCup以来、大好きになってしまった混乱実サンダー。

ポリゴン2や耐久水を処理してもらいます。

腐ることが多かったのと、炎枠にはヒードランがいるため以前までねっぷうだった枠はみがわりに変更しています。

ですが、自分で雨を降らせてしまっているせいでレヒレの水Zが受かりません。 

ほうでんのマヒが強くてあらゆるポケモンを処理してくれましたが、役割としては微妙な位置になってしまいました。

 

 

エルフーン

f:id:kikuitiniconico:20171231000004p:plain

[特性]いたずらごころ

[持ち物] ゴツゴツメット

[技] ムーンフォース・やどりぎのたね・コットンガード・アンコール

[能力値・努力値] 151(124)-×-150(252)-98(4)-99(28)-149(100)

 

最近、嫁ポケ云々の話題が盛んですが、僕はコイツを相棒と決めてからは一度も手放したことがないです。今回はゴツメを持ってもらいました。

主にキノガッサギャラドス対策で、ガルーラ軸にも積極的に出していきました。

後出しからメガギャラドスを止められるのが強すぎました。レート2000オーバーの相手をわずか数ターンで降参に追いやったり、環境への刺さりは、なかなか良かったのかな、と思います。

おなじみの先制アンコールで、雨が切れたり、いかくが入ったりした無防備ラグラージが起点になるのを、後出しから防ぐことができ、雨パとの相性は非常に良かったと思います。

その一方で、エルフーンを採用してしまうとカプ・レヒレ対策を草タイプ以外から持ってこなくてはならなくなり、それは雨パにとって、かなり厳しい条件です。エルフーン入り雨パには、ピンポイントでもいいのでカプ・レヒレに対して強力な対策が必要だと感じました。

 

 

ヒードラン

f:id:kikuitiniconico:20180511043718p:plain

[特性]もらいび

[持ち物] イアのみ

[技] かえんほうしゃ・ラスターカノン・だいちのちから・がんせきふうじ

[能力値・努力値] 196(236)-99-147(164)-178(92)-127(4)-99(12)

 

ミミッキュリザードンY、アーゴヨンをみてもらうためのヒードラン。少し前に流行った、剣舞ゴーストZを耐えることでミミッキュに後出しがきく調整です。

実際はのろいミミッキュとじしんリザYばっかりで、うまく刺さりませんでした。

がんせきふうじによって、申し訳程度のオニゴーリのために起点づくり性能を持っています。

 

 

おわりに

 

今回も悔しい結果に終わりましたが、いつも通り好きなポケモンでパーティが組めて、さらに、なんと過去一番エルフーンの選出率が高かったため、使っていて楽しいパーティになりました。

2000も獲れず落ち込んでしまって、実生活もいよいよ忙しくなってはいますが、なぜかパーティ案は溢れるほど湧いてきているので、ぼちぼち対戦もやっていこうかな、と思います。

 

また、今後のイベントについては、t/Tさん主催の「みちづれ杯」に参加予定です。

 

最後にサブローカップについて少しお話しします。

先日、開催されました「第3回サブローカップ」で運営スタッフとして参加しました。以前から対戦オフのスタッフに憧れていたのですが、今回、主催のうしとらさんにお声がけいただいてやらせていただくことができました。

当日は、さまざまな役割や仕事をもらって、大変楽しい1日になりました。

参加していただいた皆さん、僕をスタッフに誘ってくださったうしとらさんと暖かく受け入れてくださったスタッフの皆さんには心より感謝しております。ありがとうございました。

第3回以降もサブローカップのスタッフとして、かかわらせて頂くことになると思います。今後ともサブローカップと菊一文字をよろしくお願いいたします。

そして、公式発表ではありませんが、第4回サブローカップは夏頃開催予定です。第4回で、この記事を読んでくださっている皆様にお会いできることを楽しみにしています。

 

S9の構築記事は以上になります。最後まで読んでくださってありがとうございました。

「対面」と「サイクル」の罠

 

目次

 

f:id:kikuitiniconico:20180425022600j:plain

 

はじめに

 ポケモン対戦、特にシングルバトルを始めてしばらくすると、「対面構築」「サイクル構築」という言葉に出会います。これはとても便利な言葉です。なぜなら、パーティを組み始める際、無限にある6体のポケモンの組みあわせを前にした私たちに、とりあえずの2つの選択肢を与えてくれるからです。 

 ところが、しばしば、この言葉に飲み込まれてしまう人がいます。自分を「対面志向」か「サイクル志向」かに当てはめてしまう人のことです。当てはめるまではまだ良いですが、そういう人は段々と「私は対面しか使えない」、「俺はサイクルしかできない」と思い込んでしまいがちです。おそらく、このような人の多くは、何が対面で何がサイクルなのかを正しく知らない、もしくは考えたことがないのではないでしょうか。そもそも、対面かサイクルかというのは、出来上がったパーティを見て、後から付けられる『タグ』であり、決してプレイヤーに押される『焼印』ではないのです。今回は、対面とは何か、サイクルとは何かについて考えていきましょう。

 

 

対面構築かサイクル構築か

 そもそも、全てのパーティを対面構築かサイクル構築かに分類することは可能なのでしょうか。

 では、この問題を考えるにあたって、下のパーティが対面構築かサイクル構築か判断してみてください。f:id:kikuitiniconico:20180425020726p:plain

zzみみたぶzz さん作成『コケコランドサイクル+対面ルカリザX』https://3ds.pokemon-gl.com/rentalteam/usum/BT-47C1-96C7

 

 いかがでしょう。このパーティ全体を、対面かサイクルか言い切ることはできません。しかし、このパーティは、QRレンタルチームでたくさん使われている、完成度の高いパーティです。

 

 なぜ、対面かサイクルか分類できないパーティが存在するのでしょう。それには、

 ①対面とサイクルは対立しないから

 ②「崩し」要素が存在するから

という2つの理由が考えられます。②の「崩し」とは、ここでは対面やサイクルとは全く異なった概念だと考えていただいて、これについては次の機会に詳しく述べようと思います。今回は①について考えてみましょう。

 

対面構築とサイクル構築の定義 

 では、まず対面構築とサイクル構築の定義について確認しましょう。

 対面構築とは、ポケモンに行動保証を与えること、また、対面からの対応範囲を広げることでポケモンを交代する回数を抑え、行動回数を増やし、ダメージレースに勝つためのパーティを指します。ここでいう、対応範囲は、ほぼそのまま技範囲を指します。そのため、一般的な補助積み技は技範囲を狭めるため、本来の対面構築の意味からは外れます。(わざわざ積み技を考慮外にする理由は、次回以降で「崩し」について述べる際に合わせて説明します。)

 一方、サイクル構築とは、あるポケモンをスタートに、そのポケモンが勝てないポケモンに対し、受け出しから勝てるポケモンを組み込み、さらにその2体で勝てないポケモンに対し、受け出しから勝てるポケモンを組み込み、さらにその3体で勝てるないポケモンに対して……と積み重ねて作られたパーティで、ポケモンを積極的に交代しながら、交代した次のターンを有利な対面にすることを繰り返すことで、行動回数を増やし、ダメージレースに勝つことを目指します。

 ここで分かるように、どちらも「行動回数を増やし、ダメージレースに勝つ」目的は共通しているにも関わらず、「ポケモンの交代」という点において正反対の立場であることがわかります。

 

対面とサイクルが対立しないワケ

 しかし、私は対面とサイクルは対立しない、と言いました。それは、「対面にもサイクルにも属するポケモンがいる」ということです。さらに、厳密に言えば、それは「ポケモン」ではなく主に「技」や「道具」になります。

 

 「対面にもサイクルにも属する技」というのは「とんぼがえり」や「ボルトチェンジ」などの対面操作技です。これらの対面操作技は、本来サイクルを回すことが難しい(裏のポケモンの耐久力が低い)パーティで、サイクルを回したい時に採用されます。本来サイクルを回すことが難しいパーティでサイクルを回すには、相手の交代に積極的に対応する必要があります。そこで、相手の交代に積極的に対応するために、対面操作技が採用されるのです。しかし、「相手の交代への積極的な対応」は、本来のサイクル構築には必要がない要素で、対面構築的な要素と言えます。受けサイクルでこれらの技が採用されることは、ほとんどありません。つまり対面操作技は、「サイクルを回すことを目的しながら対面構築に取り入れられる技」なのです。

 また、「対面にもサイクルにも属する道具」には、HP回復木の実がそれに当たります。これらの道具は、確定数をずらしてその対面に居座ることを可能にする役割を果たします。例えば、ギルガルドのZシャドーボールでマゴのみを発動させるサンダーがいたとします。このサンダーが持つマゴのみには、通常なら受けきれない範囲を道具によって広げるだけでなく、Zシャドーボール+かげうちで倒されないように、サンダーに行動保証を与え、対面での勝率を上げる目的があります。つまり、HP回復木の実は「対面性能を上げることを目的としながらサイクル構築に取り入れられる道具」と捉えることができます。

 対面構築でありながらサイクルを回したり、サイクル構築でありながら対面性能を上げたりすることが可能ならば、対面とサイクルの間には幅があることがわかります。もし仮に、対面構築とサイクル構築を軸とした直線上に代表的なパーティを並べてみると、以下のようになるでしょう。

※下図は、あくまで、特定のポケモンの組み合わせから「対面構築やサイクル構築へのなりやすさ」を基準に作成したものです。パーティ全体は、ポケモンの型や他の4体のポケモン次第で対面寄りにもサイクル寄りにもできます。また、受けループ(ラキグライ)がブルドヒよりも対面寄りになっているのは、受けループの「詰ませ性能」や「嵌め性能」が非サイクル要素である点を考慮したためです。

f:id:kikuitiniconico:20180425013435p:plain

  もし、自分の得意・不得意を対面とサイクルを使って把握したいならば、単に「対面が得意」や「サイクルが苦手」と感覚的に思い込むのではなく、どの位置の対面構築が得意で、どの位置のサイクル構築が苦手なのかを十分に吟味する必要があります。これを吟味しないまま、パーティを組み始めると、何度もパーティを作りかえては失敗することになります。これこそ、対戦初心者から中級者が、はまりやすい「対面とサイクルの罠」なのです。

 

 

対面構築VSサイクル構築

 では、極端な対面構築と極端なサイクル構築を考えた時、この2つはどちらが強いのでしょう。答えは、サイクル構築です。理由は簡単で、本来の対面構築において、つまり行動保証と技範囲のみを追求した対面構築には、極端なサイクル構築、つまり受けループや受けサイクルを突破する手段がないからです。行動保証は受けループや受けサイクルを相手にほとんど意味をなしませんし、対面構築側はどんなに頑張っても、アイテムによる火力アップか技範囲を広げることしかできません。タイプ相性のレベルでしか対処できないのです。しかし、受けループや受けサイクルは相手からの攻撃に物理・特殊レベルで対処することが可能です。また、サイクル構築側に回復ソースがある以上、ターン数はどんどん重なり、PPの消費も相まって、どんどんサイクル側に有利になることが想像されます。

 これを聞くと、サイクル構築が無敵に思われますが、もちろん実際はそうではありません。では、私たちは普段どのようにサイクルに対して対応しているのでしょうか。

 方法の1つは、対面操作技です。交代をしながら攻撃すると同時に、有利対面を維持することで対面操作技を持っていないサイクル構築にはダメージレースで優位に立てます。しかし、対面操作技自体の威力は低く、さらに相手側に回復ソースが存在することを想定すると、これは現実的な対処方法とは言えません。

 例えば、ラッキー・ドヒドイデを相手に、とんぼルチェン持ちのフェローチェジバコイルで戦うことを想定してみましょう。フェローチェのとんぼがえりはドヒドイデジバコイルボルトチェンジはラッキーで受けられることになるので、1サイクルで稼げるダメージはラッキーに対するジバコイルボルトチェンジのダメージのみです(ドヒドイデは特性さいせいりょくで回復)。このサイクルが永遠に続けば、そのうちラッキーは倒れるのですが、もちろんラッキーには技「たまごうみ」があります。有利対面は維持できているので、ラッキーがたまごうみをするタイミングを狙って、フェローチェが「とびひざげり」をすれば勝てるのですが、何サイクルも同じことを繰り返される中で的確にたまごうみのタイミングを予測するのは非常に難しいです。このように、対面操作技のみでは、サイクル構築を突破するのが難しいことがわかります。

 そこで、私たちはサイクル構築に対抗するため、対面にもサイクルにも属さない「崩し」の要素をパーティに組み込みます。この「崩し」の存在により、実際の対面構築はサイクル構築以上の強さを発揮できるのです。「崩し」とは何かについては、「崩し」と関係が深い受けループの突破手段をテーマにして、次回、詳しく述べたい思います。

 

 

おわりに

 今回は、「対面」と「サイクル」の意味を、2つの関係性に注目しながら考察しました。しかし、今回考えてきた対面とサイクルの意味と関係というのは、私が5年前にポケモン対戦を始めてから、つい最近まで自分の中にもやもやとした疑問のまま残っており、はっきりしなかった部分です。この記事で、その疑問に対して一つの回答を見つけたと思っていますが、まだまだ考察の余地はあります。よろしければ、皆さんのご意見・ご感想をTwitter @kikuitiniconicoまでお寄せください。最後までご覧いただきありがとうございました。

【S8最高1951】エルフェロ構築 "Hermosa"【バトンタッチオフ ベスト16】

こんにちは。菊一文字(@kikuitiniconico)です。

 

 

 

今回は構築紹介です。今回のパーティの主な結果は以下の通りです。

 

・第4回バトンタッチオフ予選ウツロイドブロック2位抜け(6-3)。決勝リーグは1回戦敗退、最終成績ベスト16

 

・レートS8最高1951

f:id:kikuitiniconico:20180313160039j:plain

 

 

中途半端な結果ばかりですが、構築を組むのも使うのも、とても苦労した思い入れのある構築の1つになったので、記事として簡単に書き残しておこうと思います。

  

 

 

 

 

~構築経緯~

 

去年のクリスマスのVirginCup以来、さっぱり構築が思いつかなくなってしまい、その上1月は帰省やらテストやらでポケモンから遠ざかっていました。

 

2月に入り、だんだんバトンタッチオフが近づいてきても、エルフーン以外の5体どれも決めることができませんでした。

 

ある日、よく一緒にいるポケ勢が「フェローチェが好きなんだけど、うまく使えない」という話をしたので、「なら、俺が使って2000に乗せてやるよ」とよくわからない格好のつけ方をしたせいで、フェローチェが決定。型は前から使ってみたかったイカサマ悪Zにしました。

 

エルフーンと悪Zフェローチェという並びを考えてみたところ、とんぼルチェン+エルフーンで起点回避をしつつサイクルすることを思いつき、後攻ボルチェンができて相性補完に優れるジバコイルを採用。

 

メガ枠はサイクルに便利で、バシャーモに強いボーマンダ。それから、補完にウツロイドラグラージを入れて完成しました。

 

 

 

~構築概要~

 

フェローチェジバコイルのとんぼルチェン

ラグラージボーマンダの起点作りからの積みエース

 

この2つを構築の軸として選出します。

実際は、ラグマンダフェローチェの選出が一番多かったです。

 

また、相手のパーティにキノガッサがいる場合は、エルフーンを、

リザードンがいる場合はウツロイドをほぼ必ず選出するようにしました。

 

f:id:kikuitiniconico:20180310163638p:plain

 

 

では、1体ずつご紹介します。

 

 

 

 

 

~パーティ紹介~

 

エルフーン

f:id:kikuitiniconico:20171231000004p:plain

[特性] いたずらごころ

[持ち物] たべのこし

[技] ムーンフォース・アンコール・やどりぎのたね・みがわり

[能力値・努力値] 145(76)-×-137(252)-97-118(180)-149

 

いつものやつから調整を変えました。

Hはそのままで、Sを準速ミミッキュ抜きまでおとしてBにぶっぱ、残りがDです。

 

主にキノガッサ対策、またはやどみがの一貫があれば (テテフ、キノガッサ以外の草タイプ、悪タイプがいなければ) 出します。

 

また、ポリクチに対してはラグで起点を作って、エルフーンではめて、最後マンダで抜くことが多かったです。

 

 

 

 

フェローチェ

f:id:kikuitiniconico:20180220162209p:plain

[特性]ビーストブースト

[持ち物] アクZ

[技] とびひざげりれいとうビーム・イカサマ・とんぼがえり

[能力値・努力値] 147(4)-207(252)-57-157-51-203(252)

 

構築の出発点。
とんぼルチェンのとんぼ。

 

技は必須のとびひざげりと、れいとうビーム、対面操作に有利なとんぼがえり、前々からイカサマZを使ってみたかったので、イカサマです。

 

パーティの見せ合いでは、こちらに対してグロスの通りがよさそうに見えるので、初手対面でアドが取れることがしばしばありました。

 

ただ、相手のパーティのどこにスカーフがあるのか見極めないとえらいことになります。

 

また、イカサマZを考慮されるかどうかはかなり微妙なところで、ギルガルド対面キングシールドから入られるかどうか、ゲンガー対面まもるから入られるかどうかは、レート帯関係なく相手によるので、なかなか安定しませんでした。

 

しかし、オフでは狙い通りの大活躍をしてくれました。個体を貸してくれた方にはとても感謝しています。

 

 

 

 

ボーマンダ

f:id:kikuitiniconico:20171108072123p:plain

[特性] いかく→スカイスキン

[持ち物] ボーマンダナイト

[技] すてみタックル・じしん・りゅうのまい・はねやすめ

[能力値・努力値] 197(212)-180(68)-101(4)-×-120(156)-149(68) ※メガ後

 

Sは準速ミミッキュ抜き、C126アナライズポリゴン2れいとうビームを乱数2つ切り耐え、やつあたりで耐久に振っていないミミッキュを確定1発。

 

サイクルの駒になりながら、抜きエースになれる便利なメガ枠です。

 

バシャを受けるコマも必要だったので、都合よく収まりました。

 

もともとパーティ全体の技範囲が狭いのと、個人的な好みで、じしんを入れた2ウエポンでの採用です。

 

 

 

 

ラグラージ

f:id:kikuitiniconico:20180221100356p:plain

[特性] しめりけ

[持ち物] オボンのみ

[技] じしん・ステルスロック・あくび・ほえる

[能力値・努力値] 207(252)-130-111-×-156(252)-80

 

起点づくりラグラージ

 

とんぼルチェンでアーゴヨンが重かったことと、ボーマンダとのシナジーを考えて採用しました。

 

アーゴヨンに対してはできるだけ、ラグマンダ選出をして隙なく処理します。

 

 

 

 

ジバコイル

f:id:kikuitiniconico:20171108064827p:plain 

[特性] アナライズ

[持ち物] とつげきチョッキ

[技] 10まんボルトボルトチェンジ・ラスターカノン・めざめるパワー(炎)

[能力値・努力値] 175(236)-×-135-198(236)-110-85(36)

 

とんぼルチェンのボルチェン。特殊受け。

 

守り神やゲッコウガなどを処理してもらいます。

 

ナットレイの処理をスムーズにするために、めざめるパワーは炎にしています。

 

 

 

 

ウツロイド

f:id:kikuitiniconico:20180310173028p:plain

[特性] ビーストブースト

[持ち物] こだわりスカーフ

[技] パワージェム・ヘドロウェーブくさむすびステルスロック

[能力値・努力値] 185(4)-×-67-179(252)-151-170(252)

 

このままだと、初手リザードンYで壊滅するので採用。

 

雨パも重いので、くさむすびを持たせて誘って倒せるようにしました。

 

 

 

 

サンダー

f:id:kikuitiniconico:20171230231845p:plain

 

[特性] プレッシャー

[持ち物] ゴツゴツメット

[技] ボルトチェンジ・めざめるパワー(氷)・どくどく・はねやすめ

[能力値・努力値] 197(252)-×-150(252)-145-111(4)-120

 

 バトンタッチオフではウツロイドの枠をサンダーにしていました。

 

特殊受けボルチェン枠のジバコイルに対し、2枚目の物理受けボルチェン枠として活躍してくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

構築紹介は以上になります。

 

今回の構築は、レートで何戦も戦うには、「勝ちパターン」がしっかりしていなくて、あまりにも不安定でした。次はもっと勝ちパターンと基本選出を意識して構築を組みたいと思います。

 

 

遅くなりましたが、バトンタッチオフ運営のみなさんと、対戦・交流していただいた方には大変感謝しています。おかげで楽しくオフに参加できました。ありがとうございました。

 

 

今回2000には届きませんでしたが、ロンドン留学しながら1950まで上げられたので、これはこれでよかったかな、と

 

来期こそは2000のりまーす...

 

 


 

【S7&カンポケ使用構築】机上論最強分身バトン【楽しかった】

菊一文字です。テスト終わりました。

 

テストのせいでロクにポケモンできなかったくせに、みんなが構築記事書いてるの見て自分も書きたくなったので、書きます。

 

カントーポケモンオフとS7で30戦ぐらい使ったやつです。なんの記録もありません(カンポケ4-4,予選落ち)

 

並びはこんな感じ。

f:id:kikuitiniconico:20180129213210p:plain

 

 

 

〜構築経緯〜

blog.livedoor.jp

これやりたかったです。ちょうどエルフーンもいるし。

 

※以下、ポケモンの調整等この記事から丸パクリしている部分が多数あるので、その部分については「上記記事参照」とさせて頂きます。

 

「変更点」と書いている部分は、「上記記事からの変更点」とご理解ください。

 

そのため、この記事を読む前に上記の「3タテッキー」をお読み頂くことをお勧めします。

 

 

 

〜パーティ紹介〜

 

エルフーン

f:id:kikuitiniconico:20171231000004p:plain

[特性]ようりょくそ

[持ち物]きあいのタスキ

[技] フラッシュ・おいかぜ・ちょうはつ・おきみやげ

[能力値・努力値] 167(252)-x-106(4)-x-95-184(252)

 

起点作り。

上記記事参照。

かわいい。すき。

 

 

 

バシャーモ

f:id:kikuitiniconico:20170828094508p:plain

[特性]かそく

[持ち物]マゴのみ

[技] かげぶんしん・みがわり・バトンタッチ・ほえる

[能力値・努力値] 187(252)-x-99(68)-x-123(172)-102(12)

 

バトン要因。

上記記事参照。

変更点は、まもる→ほえる。

カバルドンの吹き飛ばしより先に吠えることで、加速とバトンする隙をつくります。

相手のバトン戦術にも強くなります。

 

 

 

ヤミラミ

f:id:kikuitiniconico:20180129210755p:plain

[特性]いたずらごころ→マジックミラー

[持ち物]ヤミラミナイト

[技] あくのはどう・わるだくみ・じこさいせい・みがわり

[能力値・努力値] 157(252)-x-146(4)-105-135-79(252)

 

バトンエース。ふきとばしとその他補助技への対抗策。

バトンエースの適正として

 

①無効のない一致ウエポン

②積み技(2段階以上上昇が好ましい)

③回復ソース

④みがわり

⑤バトン阻害技対策

⑥見せ合いでバトン戦術を見破られにくい

 

が求められるのに対してメガヤミラミはぴったりでした。ひるみを狙える悪の波動もパーティ相性抜群です。ただ、超遅い。 

 

 

 

 

ジャラランガ

f:id:kikuitiniconico:20180129210840p:plain

[特性]ぼうおん

[持ち物] イアのみ

[技] ドレインパンチ・かみなりパンチ・はらだいこ・みがわり

[能力値・努力値] 163(100)-157(212)-146-x-128-143(196)

 

バトンエース。 ほろびのうた・音技・くろいきりへの対抗策。

アシレーヌドヒドイデがいたら出します。バトン分は黒い霧で消されても、腹太鼓さえ積めてしまえば無双できます。

調整は、Aが6↑雷パンチでHB特化ドヒドイデが確定一発。

Sが最速ヒードラン抜き。

ブルドヒドラン意識の調整になっています。

 

 

 

グライオン

f:id:kikuitiniconico:20170828104148p:plain

[特性]ポイズンヒール

[持ち物] どくどくだま

[技] つばめがえし・つるぎのまい・はねやすめ・みがわり

[能力値・努力値] 179(228)-161(252)-149(28)-x-95-115

 

バトンエース。のろいへの対抗策。

上記記事参照。

 

 

 

ヤドキング

f:id:kikuitiniconico:20180129211419p:plain

[特性]どんかん

[持ち物] のんきのおこう

[技] ねっとう・わるだくみ・なまける・みがわり

[能力値・努力値] 201(244)-x-100-120-132(12)-90(252) 

 

バトンエース。挑発への対抗策。

上記記事参照。

変更点はヤドラン→ヤドキング

変更理由は、記事に「ヤドキングを使った方が強かった説isある」って書いてたからです。

 

 

ここまでで、対策できていないのはドラゴンテールのみ。

もしかして、このパーティは現環境において「必勝法」に最も近いパーティではないか...?

 

 

 

〜使用感〜

 

...あんま強くなかった。

 

当たり前ですが、のろい+ちょうはつとか、対策技が2枚あると負けます。

 

あと、バトンパといえど、決して脳死で動かせるものではなく、選出やプレイングにおいて、やっぱりある程度の経験は必要だと感じました。

 

正直バトンパなめてました。ごめんなさい。

 

しかし、見た目はおもしろいし、使っていて楽しいパーティでした。

 

パーティの方向性自体も間違ってはいないと思います。

 

ぜひ暇な人はこの構築を作って遊んでみてください。

 

おくびょうヤミラミ孵化してる間「俺、なにやってるんだろう...」って気持ちになります。

 

僕が弱かっただけで、オリジナルのヒヤッキー構築と志摩さんは結果を残してらっしゃっていて、強いです。同じことしたつもりやったんやけどなぁ...

 

 

 

とりあえずテストも終わったし、S8は全力で頑張ります!!!

 

...え?ロンドンに留学?マ?

 

 

【3rd VirginCup】サザングロス〜エルフニスト仕立て〜【予選6位抜け 決勝トーナメント3位】

菊一文字(@kikuitiniconico)です。

 

2017/12/24に行われた『3rd VirginCup』で予選(スイスドロー)6位、決勝トーナメント3位の成績を収めることができました。

 

そこで、今回はその時に使用した構築を簡単にご紹介いたします。

f:id:kikuitiniconico:20171230224520p:plain

 

~構築経緯~

www.nicovideo.jp

動画のパーティは、USM最初の動画でアーゴヨンを使いたいがために組んだ構築でしたが、動画用の対戦を収録しているうちに「対面操作(とんぼがえり)+メガメタグロス」の使いやすさに気づき、今回のパーティを組むことになりました。じょうずに動画の宣伝ができました。

 

 

~パーティ紹介~

 

メタグロス

f:id:kikuitiniconico:20171230225139p:plain

[特性] クリアボディ→かたいツメ

[持ち物] メタグロスナイト

[技] アイアンヘッド・じしん・れいとうパンチ・かみなりパンチ

[能力値・努力値] 155-197(252)-170-×-131(4)-178(252)

 

構築のメインです。

技は普段使っている自分が一番好きな構成にしました。かみなりパンチがあるおかげで、裏から出てくるギャラドスの処理ルートがサンダーと合わせて確保できます。思念がない弊害は少なからずありましたが、切る技もないので裏でカバーするよう心がけました。

 

 

サザンドラ

f:id:kikuitiniconico:20171230230304p:plain

[特性] ふゆう

[持ち物] こだわりスカーフ

[技] りゅうせいぐんあくのはどう・だいちのちから・とんぼがえり

[能力値・努力値] 167-×-110-194(252)-111(4)-150(252)

 

先発とんぼがえり枠。メタグロスと組むに当たってゲンガーにはどうしても弱くできなかったので、この枠の候補にはサザンドラランドロスゲッコウガが上がりました。この中で、メタグロス相性がいいのは、当たり前ですが地面無効の特殊アタッカーのサザンドラです。と、いうわけで古代兵器サザングロスが復活しました。

ゲンガーに負けられないのでスカーフです。技構成はメインウェポンのりゅうせいぐんあくのはどうに加えて、コンセプトのとんぼ返り、ラストはコケコが重いのでだいちのちからにしました。初手サザンコケコ対面は、祈ってだいちのちからを押していました。 (D4コケコ乱数1発68.7%)

 

 

サンダー

f:id:kikuitiniconico:20171230231845p:plain

[特性] プレッシャー

[持ち物] マゴのみ

[技] ほうでん・ねっぷう・どくどく・はねやすめ

[能力値・努力値] 191(204)-×-109(28)-146(4)-141(148)-136(124)

 

裏エース枠。自分がパーティを組む際によくやる事なのですが、まず有名な並びの2体(カバドリ、トノラグ等)を上にドンと持ってきて、その2体が何を呼ぶのかを考えて選出率が1位になるであろう、「裏エース枠」を設定します。今回は、サザングロスがポリ2やレヒレを呼ぶので、毒羽根サンダーが裏エース枠になりました。

混乱実を持たせる事によって受け出ししやすくなり、攻守の切り返しがききやすくなりました(特化ギルガルドシャドーボールZで混乱実確定発動)。決して食べ残しをエルフーンに取られたからではありません。サザンドラが炎技を持っていないので、ナットレイの処理ルートを作るために熱風を持たせたかった、という事情もあります。

Sは最速70族抜き抜きまでふって、サンダーミラーで上をとりやすくしています(ならもう1上げた方が良かったかも)。

 

 

グライオン

f:id:kikuitiniconico:20171230233150p:plain

[特性] ポイズンヒール

[持ち物] どくどくだま

[技] じしん・ハサミギロチン・まもる・はねやすめ

[能力値・努力値] 177(212)-115-151(44)-×-139(252)-115

 

補完枠その1。Virgin Cupの前日に行われたサブローカップの際は、この枠はABミミッキュだったのですが、フシギバナにコテンパンにされたので、なんとかフシギバナ及びモロバレルの処理ルートを作ろうと板橋区役所前駅で採用しました。当日はクレセドランを崩したり、3連ギロチンを当てたりと大活躍でした。

守る羽休めでH177なのは僕の頭が悪かったからです。いい調整もらったので次使う時は変えます。

 

 

アシレーヌ

f:id:kikuitiniconico:20171230234159p:plain

[特性] げきりゅう

[持ち物] オボンのみ

[技] うたかたのアリアムーンフォースアクアジェット・ほろびのうた

[能力値・努力値] 166(84)-84-126(252)-184(172)-136-80

 

補完枠その2。バシャやギャラのストッパー兼バトン等の特殊戦術対策として採用しました。相手の甘えた物理攻撃を耐えて、切り返し、何度もeasy winさせてくれました。

3位決定戦のアシレガルーラ対面で居座ったのは、読みではなく捨て身を耐える(サザンが受けた冷パンのダメージも考慮して)と思ったからです。

 

 

エルフーン

f:id:kikuitiniconico:20171231000004p:plain

 

[特性] いたずらごころ

[持ち物] たべのこし

[技] ムーンフォース・アンコール・やどりぎのたね・みがわり

[能力値・努力値] 145(76)-×-120(116)-98(4)-116(164)-170(148)

 

かわいかったです!

 

...ガッサをみるはずだった相棒枠です。選出率は0%。

詳しくは本ブログの『未来予想図(全編)』参照。

 

 

 

~あとがき~

 

とても3位取った人間が書いたとは思えない構築記事でゴメンナサイ。

そもそも自分はパーティをフィーリングで組んでしまうタイプなので、構築記事を書く時はいつも苦労しています。

ぜひ質問や追記して欲しいことがあれば、Twitterの菊一文字(@kikuitiniconico)まで教えてください。

最後になりますが、運営のみなさん、対戦していただいたみなさんには、お世話になりました。また機会があればよろしくお願いします。

f:id:kikuitiniconico:20171231002046j:plain