エルフニストのアローラ戦記外伝 #3

#2の頭でイジけたことを書いたらTwitterで励まされ、恥ずかしくなりました笑。

今回はちょっと真面目に環境考察してます。

 

f:id:kikuitiniconico:20171012212046j:plain

 

#2

kikuitiniconico.hatenablog.com

 

 

【Season3】

 

2000達成をしてメガネエルフーンがSM最強だと信じているから、ファクトリーもメガネエルフーンで挑戦。

 

結果は、初めてのオフにしてなんと、予選1位抜けベスト16。これがいけなかった。

 

その後はボロボロになるまでメガネエルフーンを使い続け、気がつけば真皇杯も負け、シーズン3も中盤。真皇杯に至ってはバカの1つ覚えで、雨パにメガネエルフーンを入れてた。救いようがない。

 

これはいかん。2000達成の目標はクリアしたのだから、落ち着いてエルフーンの原点である、やどみがに立ち返る。

 

すると、俺は恐ろしいことに気がついてしまった。

 

ーラキグライに、勝てない。

 

受けルーパーもZ技の登場等でかなりの逆風を受けていたが、シーズン2から急激に数を増やしていた。

 

エルフーンが受けルに強いか」問題はXYの頃から議論されていた。理論上、やどみがエルフーンは受けル(特にラキグライ)に対してほぼ無力だ。しかし、条件さえ整えば、エルフーンTODの主導権を握ることができる。

 

もちろんこれはORASまでの話で、現在の持ち時間制のルールでは、やどみがエルフーンが受けルにできることは、ほぼ何一つない。

 

シーズンが2つ終わったというのに、まだ気づけていなかった弱体化があったことに愕然とした。

 

それとは関係なく、シーズン3では、バンギラスカビゴン等の受けループメタメタの開発に成功した受けループや準受けループが上位に食い込むことに成功していた。

 

これには驚いた。確かに、シーズン2の方が上位の受けループの数は多かったかもしれないが、これはバンク解禁直後のシーズンであったことが大きいと思う。

 

しかし、シーズン3でも結果を残した受けルーパーの対応力は凄まじいものを感じた。

 

そして、シーズン3で感じたことがもう1つある。

 

サイクルパが増えた。

 

SM開始当初、「サイクルはキツくなった」と言われていた。しかし、シーズン3では、特にマンダ入りのサイクルの数が、かなり多くなった気がする。

 

そもそもSMでサイクルがキツい、なんてのがただの素人意見に過ぎなかったかどうかはわからないが、環境全体でサイクルパが見直されたのは間違いないと思う。

 

今考えると、メガネエルフーンが通りにくくなった原因は、案外そんなところにあるのかもしれない。

 

なんでこんな話をダラダラしたかというと、このころ俺はレートなんかせずにペルソナ5

エルフニストのアローラ戦記外伝 #2

重要のないコンテンツを完走させるのは得意なので書き続けます。「俺の1/4がこんなにもろいわけがない」って知ってる?

 

f:id:kikuitiniconico:20170520175117p:plain

 

#1はこちら

kikuitiniconico.hatenablog.com

 

ー「イーブイバトン」

イーブイの専用Z技ナインエボルブーストのバトンタッチを狙う構築。その起点づくりにエルフーンが使われていたのだ。

 

初めこそ、イーブイの起点づくりとして、キュウコンやカプ・コケコの壁展開が使われていたが、徐々にその枠はエルフーンが独占するようになった。ご存じの通り現在はエルフーンがテンプレになっている。

 

なるほど。イーブイは1ターンだけでいいから「完璧な起点」を必要とする。なら、挑発置き土産を先制でできるエルフーンはもってこいなわけだ。

 

もしかすると、「イーブイバトン」はただエルフーンが使える構築ではなく、この先永遠にエルフーンの価値を保証してくれる構築かもしれない……

 

いや、違う。

 

俺が求めているエルフニストとは、あらゆるエルフーンを使いこなし、相手を魅了し、圧倒するトレーナーだ。エルフーンの延命のためだけに一生「イーブイバトン」を使うトレーナーじゃない。

 

俺はあえて「イーブイバトン」を封じ、独自のエルフーン構築を開発することを決めた。

 

シーズン1が終わろうとしていた。

 

 

 


【Season2】

 

考えてみると、現環境トップメタはミミッキュなのは明らかである。

 

なら、今使うエルフーンミミッキュをメタったゴツメエルフーンではないか……!?

 

だが、時すでに遅し。すでに呪いミミッキュなるものが開発され、ミミッキュエルフーンのキャパを軽々と超えていった。

 

そうなると、今の特殊環境でゴツメは厳しい。なんとかしなければ……

 

ない頭を転がしているうちにバンク解禁。ORASのバシャやらリザードンやらの猛者共が帰ってきた。

 

そこで、もう一度0から構築を組み直すことを決定。自分にしては珍しくメモ帳に手書きで構築案を書き出した。その内容は以下の通りである。

 

①目標は「エルフーン入りの構築でレート2000」。しかし、エルフーンスタートで構築を組むのは厳しいため、エルフーンを忘れて構築を組み始め、最後にエルフーンで補完する。

 

②プレイングスキルがない自分には、単純で使いやすい構築が好ましい。→天候パ。雨はシーズン1でもあったので砂で攻めてみる。もちろんエースはドリュウズ。バシャが増えそうだから砂要因はカバルドン

 

③SMでも、パーティにメガ進化するポケモンがいるのといないのではその強さが全然違うことはS1の構築記事を見るとわかる。よって、メガ枠を設定。砂と相性がいいのはマンダかリザ。マンダは嫌いだからリザ。リザYだとサイクルする必要が出てきそうだからリザX(あまりサイクルが得意じゃないから)。

 

④相手の水タイプ・飛行タイプ(特にマンダカイリュー)からの引き先が必要。ただし、これはドリュウズの有効打がないわけではないのである程度の耐久と火力のクッションでいい。むしろクッションとして汎用性を持たせたい。→チョッキスイクン

 

⑤裏エースにミミッキュ。よほどのアンチシナジーでない限りコイツを入れない意味はない。

 

もうエルフーンに仕事はない。ランドやギャラドスをふわっと削りたいから、その仕事ができるエルフーンを探す→メガネエルフーン!!


ありがたいことにバンク解禁直後は、みんな砂パの対策どころかカバルドンの対策もできていなかった。レートもインフレ傾向。チャンスは今季しかない!

 

そう決めて、2週間。面白いようにレートは伸びていき、ついに2000チャレンジまで到達。

 

2000チャレンジの相手はシーズン2になって数を急増させていたジャロゴーリ。

 

夢にまで見た2000への扉は……

 

エルフーンがムンフォ連打してるだけで開いた。

 

「いやったああああああああああああああ!!!!」(AM 2:00)

 

見事生涯最高レート2001を達成した菊一文字は、その鼻を伸ばしに伸ばし、初めてのオフ会「ファクトリーオフ」への参加を決意する。

エルフニストのアローラ戦記外伝 #1

こんにちは、菊一文字(@kikuitiniconico)です。

f:id:kikuitiniconico:20170508183809j:plain

 

この記事はエルフーンを通して僕が見てきたSM環境を、発売前から最終シーズンについてまとめたものです。

 

 

 

ただし、ただの環境考察ではございません。

 

私、菊一文字の妄想と厨二要素が多分に含まれたラノベ・SS調文章でお送りいたします。

 

「読んでて恥ずかしくなった」「体が痒くなった」等の責任は一切負いません。

 

他人の黒歴史に興味がある方は、この先へお進みください...

 

 

 

 

 

【SM発売前】

 

ーー終わった。

全エルフニスト、いや、全「いたずらごころ」使いたちがそう思ったことだろう。

 

最初はハギギシリだった。特性「ビビットボディ」は先制技が無効らしい。厄介なヤツが出てきた、そう思った。

 

とはいえ、俺は3年間あのファイアローを相手に戦ってきたのだ。今更なにが来ようとエルフーンを捨てることはない。

 

だが、ゲーフリは非情だった。

 

特性「じょおうのいげん」の登場。
「サイコフィールド」を展開する準伝カプ・テテフの出現。
混乱の自傷率ダウン。
いたずらごころ」の悪タイプ無効化……

 

発売前から次々と判明する逆風仕様の数々。これらに加え、でんじはの命中率ダウンなど、ここにきてゲーフリは「いたずらごころ」によるいわゆる害悪戦術を封じたのである。

 

「あんまりだ。こんなの環境調整なんてレベルじゃない……だが……」

 

まだ、やれる。

 

このままではゲーフリや他のプレイヤーの思う壺だ。俺はエルフーンの使用を禁止されるまで戦い続ける!

 

2016年11月18日金曜日、覚悟を決めた俺はポケットモンスターサンポケットモンスタームーンの予約券を握りしめ、ヤマダ電気へ向かった。午後からの授業はきった。

 

 


Season1


環境は最悪だったが、エルフニストには2つの希望があった。

 

1つ目はエルフーンアローラ図鑑で登場すること。これでシーズン1から無駄にすることなく戦える。

 

2つ目はエンニュートの存在。ヒードランほどではないが、タイプ相性的にはかなり期待できた。


俺はエンニュートに望みを託し、「エルフニュート構築」を作成。動画「エルフニストのアローラ戦記」の初回にも起用し、再生数の望みも押しつけた。

 

しかし、レートは1800止まり。再生数も1000回止まり。

 

そもそも「エルフニュート構築」とは、エンニュートで毒をまいてエルフーンでみがわりするというコンセプトで組まれたもので、タイプ相性以上にエンニュートの特性「ふしょく」に注目したものだった。

 

お気づきの通り、さも「サイクル最強!」みたいな発想なのに、2体ともちり紙程度の耐久しかないため、コンセプト通りの試合など30戦に1回あるかどうかだった。

 

やっぱりダメか……「エルフニュート」の解散を決めた同時期に、俺はある噂を耳にする。

 

 

エルフーン入りがバンバン高レートを出している』

 

バカな!?一体どこのエルフニストが……!?

その正体は意外なものだった。

ん界隈のつどいのしおり

f:id:kikuitiniconico:20171012103401p:plain

身内で遊ぶだけなのに大袈裟かもしれないけど、8人も大人連れ回すんだから、ちゃんとしようという要項。菊一有能。

 

Twitter等で告知していた内容から、いくつか変更点がございます。当日は、こちらの要項に沿って参加するようお願いいたします。

 

 

【日時】10月22日(日) 12:50池袋『ハイパーレーン』前集合

 

 

【スケジュール】
12:50 池袋『ハイパーレーン』前集合
13:00 ボーリング開始
15:00 ボーリング終了
15:30 カラオケ開始
18:30 カラオケ終了
19:00 鉄板焼き開始(90分食べ・飲み放題)
(適当に解散…)

 

 

【場所】
『ハイパーレーン』http://www.hyperlane.com
『カラオケマック池袋東口店』http://www.karaokemac.com/shop/shop_ikebukurohigashi.html
『熱狂道とん堀http://www.dohtonbori.co.jp/nekkyo/shop.html

 


【参加費】
・ボーリング代 ¥2000
・カラオケ代 ¥1370
・飲み代 ¥3000

合計¥6370

 

 

【持ち物】
・参加費
・身分証
・遊び道具(任意。ただし持ってきて夢中になりすぎることのないように。)

 

 

【注意事項】
・各活動場所は上記リンクから各自確認していただくよう宜しくお願いします。特に集合場所は十分確認の上、遅刻のないようによろしくお願いします。
・途中参加、もしくは途中退席を希望する方は、なるべく早く菊一文字(@)に申し出てください。
最初に6370円を集金いたします。お釣りが出ないように準備していただけるとありがたいです。
・その他ご意見、ご要望等ありましたら、菊一文字までお願いします。

 


【参加者一覧(敬称略・申請順)】

菊一文字
ライアん
D
バファリん
ZERO
ルーニィ@Trump
みずこだよ!
gaspard

Livera

でっぱ

(10.19更新)

 


【最後に】
主催は参加者最年少(たぶん)の引きこもりです!
ご迷惑をおかけすることがあるかもしれませんが、なにとぞご容赦ください!
キャラの濃い(?)メンツなので楽しい会になると信じています!
当日はよろしくお願いします!

大失敗構築

こんにちは、菊一文字です。

 

今回の記事のタイトルは「大失敗構築」!!

 

f:id:kikuitiniconico:20170905112245j:plain

 

自分が今まで使ってきたパーティで記事にできなかった(結果を残せなかった)ものをまとめて、分析しました。

 

だだし、今回の分析は「自分(菊一文字)にとってこのパーティがどのようなものであったか」を中心とした、かなり主観的なものであることをご理解ください。

 

各パーティにレーダーチャートをつけております。レーダーチャートの項目は以下の5つです。

 

火力:パーティ全体の攻撃・特攻の高さ技範囲の広さなど相手へのダメージの与えやすさ

耐久力:パーティ全体の防御・特防の高さ相性補完の強さなど相手からのダメージの受けにくさ

勝ち筋:パーティの勝ち筋がはっきりしているか、また、それが通りやすい

負け筋:パーティで重いポケモン少ないか、また、命中率が低いなど不利な運要素少ない

意外性:パーティに意表つける型ポケモンがいるか、また、レート環境に少ない構築

 

それではどうぞ。

 

 

No.1「トノラグエルフーン」

f:id:kikuitiniconico:20170905085249p:plainf:id:kikuitiniconico:20170905085343p:plain

結果:真皇杯関東予選5-3予選落ち

 

ラグナイトが解禁された瞬間組んだパーティです。

トノラグはいいとして、裏の完成度が低すぎるために解散しました。

これ以降、雨構築の裏は、1メガのサイクルにした方が強いと感じるようになりました。

ちなみにこの関東予選でスリス界隈の雨使いの方に当たって負けています。

 

 

No.2「ギラギラベトベトン

f:id:kikuitiniconico:20170905090147p:plainf:id:kikuitiniconico:20170905090241p:plain

結果:最高レート1900(S4)

   第一回からきおす杯1-1

 

一応1900までは行けるから弱くはないと思います。実は動画化もされている気に入っていたパーティ。

自分にしては珍しい完全なサイクルパでしたが、火力・耐久ともに中途半端な点が問題だと感じました。

解散の決定的な理由はバトンを止められないことです。

 

 

No.3「イーブイバトン」

f:id:kikuitiniconico:20170905091421p:plainf:id:kikuitiniconico:20170905094155p:plain

結果:なし(S4~S5)

 

構築が思いつかないけど、とりあえずレートしたい時に使っていました。

そもそもが生半可な気持ちで組んでいるから結果なんて出せるわけがないです。

ただ、使ってみて思ったのは決して単純でも初心者向けでもないということ。

相手の型・選出予想はしっかりしなくてはいけないし、おきみやげのターンは択を生みやすい。また、使い慣れていないとバンギラスを相手にした時の勝ちビジョンが見えにくいパーティだと感じました。

 

 

No.4「トノグドラエルフーン

f:id:kikuitiniconico:20170905092809p:plainf:id:kikuitiniconico:20170905092844p:plain

結果:カントーポケモンオフ4-4予選落ち

 

裏がサイクルしなくてもいい雨を思いついて使ってみましたが、失敗。

やっぱり裏はサイクルした方がいいと思いました。

雨の裏で気づいたことがもう一つ。誰が、とは言わないが絶対ナットレイでいい。

 

 

No.5「闇落ち」

f:id:kikuitiniconico:20170905093432p:plainf:id:kikuitiniconico:20170905094425p:plain

結果:あんぐらおふ2-5予選落ち

 

迷走、闇落ち。

組んだはいいけれど、オニゴーリの選出しにくさを知らなかったため、使いこなせなかったです。

正直どこをどうすればいいとも言えないくらいボロボロ。正に迷走中に組んだパーティ。ちなみに迷走は現在進行中です。

 

 

 

総括:・意表をつく型が少ない。ある程度の地雷枠は必要。

   ・エルフーンを使う以上、現環境でサイクルは不向き。

   ・今後は地雷枠を用いた対面構築を考える。

 

以上です。

 

 

お気づきの方もいるかもしれませんが、自分にはパーティにヘンなこだわりがたくさんあります。

 

対戦に勝つことを第一としない個人のこだわりというのは、多かれ少なかれ皆さんお持ちでしょうし、自分の中でも、その時によってこだわりが変わっているので、ここでは詳しく書きません。

 

ただ、もしかすると今回あげたパーティを通して違和感を感じる方がいらっしゃるかもしれないので、ここでおことわりしておきます。

 

 

 

今まで使ってきた構築をまとめるのは楽しかったです。まとめてみて、自分のパーティの組み方を見直せました。

 

是非皆さんもやってみてください。勝ち構築ばっかり書いてんじゃねーよ!

 

 

 

 

【バトンタッチオフ】超不評パルバシャ【予選3位通過・ベスト16】

おひさしぶりです。菊一文字です。

 

今回、しばえんさん主催のバトンタッチオフに参加させていただき、予選通過できたのでちょっとだけ構築をご紹介します。

 

f:id:kikuitiniconico:20170828111431p:plain

 

ただ、この構築、書いといてアレですが、めちゃくちゃ弱いです;;

 

予選通過って、たくさん運勝ちして3位ですから...

 

それぞれのポケモンの型も周りからは『超不評』でした。不評ポイントも少しづつご紹介していきます。

 

もし、この記事を読んで構築の参考にしようとしている方は、「自分ならこう改良する」と考えながら読んでください。

 

そして@kikuitiniconicoに教えてください。

 

 

それでは、一体ずつご紹介。

 

 

ミミッキュ

f:id:kikuitiniconico:20170828091819p:plain

特性    ばけのかわ

持ち物   フィラのみ

技     シャドークロー のろい みがわり いたみわけ

ステータス 159(228)-110-104(28)-×-125-162(252)

 

 

今から紹介する3体が基本選出。このパーティの唯一の強みは基本選出の汎用性の高さです。

 

その先発を担う呪いミミッキュ。なるべく本来の仕事をしてもらうように最速耐久振り。

 

持ち物は、後ろがZ技を撃つ前提の構築なので混乱実にしました。

 

 

 

バシャーモ

f:id:kikuitiniconico:20170828094508p:plain

特性    もうか(→かそく)

持ち物   バシャーモナイト

技     とびひざげり フレアドライブ かみなりパンチ まもる

ステータス 155-189(252)-90-×-91(4)-132(252)  *メガ前

 

 

ORASから一番強いと思っている雷拳バシャ。

 

文句なし。言うことなし。

 

 

 

パルシェン

f:id:kikuitiniconico:20170520175236p:plain

特性    スキルリンク

持ち物   ミズZ

技     つららばり ロックブラスト ダイビング からをやぶる

ステータス 125-147(252)-201(4)-×-65-134(252)

 

 

そもそも、今回のパーティのコンセプトは、ミミッキュが場を荒らして、バシャーモを突っ込んで、パルシェンが積む、というもの。

 

そのため、ラストに狩り残したメタグロスギルガルドも持っていけるようにミズZを持たせました。

 

あと、ステロを巻かれやすいのでタスキが生きにくいという理由もあります。

 

では、いきます。

 

超不評ポイントその1】「ダイビングってwwwwwww」

 

これ、かなり言われたんですけど、そんなにダメですかね?笑

 

もちろん、意図としてはCに努力値をさいてAを下げたくないからですが、

 

では、なぜAを下げたくなかったかというと、相手の水タイプを、バシャの雷パン+ロクブラで突破する必要があったからです。

 

パル単体の突破力としてはドロポンの方が高いですが、パーティとしてはダイビングにした方が突破力がある、と判断しました。

 

結果、youさんのベール下のサンドパンを突破できない、という事態が起こったのでドロポンの方が良かったです。

 

え?じゃあ、どうしたって?急所に当てたんだよ。

 

 

 

 

では、問題の残りの3体です。

 

 

 

カプ・テテフ

f:id:kikuitiniconico:20170828102516p:plain

特性    サイコメイカー

持ち物   きあいのタスキ

技     サイコキネシス シャドーボール 10万ボルト ちょうはつ

ステータス 145-×-96(4)-182(252)-135-161(252)

 

 

相手にミミッキュで荒らすのが難しい、または、相手に先制技持ちが多い時はこちらから展開しようと思いました。

 

相手を倒してもらおう、というよりかは、ミミッキュと一緒でなんとなく相手を削ることを期待しての採用です。

 

その際、出てくる鋼に打点を持てる技構成にしました。炎4倍組に対してはバシャを投げることができるのでめざ炎はもたせていません。

 

超不評ポイントその2】「ムンフォきるの?」

 

これは正直失敗でした。

 

ムンフォを持ってないせいで出せなかった対戦がたくさんありました。10万をムンフォに変えようと思います。

 

 

 

グライオン

f:id:kikuitiniconico:20170828104148p:plain

特性    ポイズンヒール

持ち物   どくどくだま

技     じしん がんせきふうじ どくどく はねやすめ

ステータス 177(212)-115-151(44)-×-139(252)-115

 

 

上4体が決まった時点の「電気と地面の一貫を切れて、クレセが突破できて、リザとバシャにある程度強いポケモンください」というワガママを通してくれました

 

今までも今回も、まともに使ったことがなかったのでよくわかんなかったです。

 

超不評ポイントその3】「なんで出さなかったんですか?」

 

対戦終わった後で「グライオンめちゃくちゃきつかったのに」って言われたので技構成を見せると皆さん不思議そうな顔で「あぁ...」と言ってました。

 

この型だとやっぱりグライの単体性能を下げているし、パーティにも合っていない、何より自分で使い方がわかっていない、という反省の塊みたいなポケモンになってしまいました。

 

ごめんね、グライオン

 

 

 

 

エルフーン

f:id:kikuitiniconico:20170520175117p:plain

特性    すりぬけ

持ち物   こだわりメガネ

技     ムーンフォース エナジーボール サイコキネシス めざめるパワー(炎)

ステータス 135-×-106-129(252)-95-184(252)

 

 【超不評ポイントその4】「いる?」

 

うるせぇ。

 

 

 

 

バトンタッチオフ、大変楽しかったです。運営の皆さん、ありがとうございました。また、対戦していただいた皆さん、お話させてもらった皆さんもありがとうございました。

 

次回はJPNOPEN参加予定です。よろしくお願いします。それでは。(あと、9月に動画あげるんでみてください)

 

【ファクトリーオフ&シーズン3】リザパル積みリレー ~エルフーンを添えて~【予選1位通過ベスト16】

こんにちは。菊一文字(@kikuitiniconico)です。

 

今回は(S3)とファクトリーオフのシングル大会で使った構築をざっくりご紹介します。

 

f:id:kikuitiniconico:20170520180053p:plain

 

ファクトリーの結果は7-2予選1位抜け、決勝トーナメント2回戦負け(ベスト16)。

 

S3では結果残せませんでした…(最高1950くらい、最終1798)。

 

言い訳すると、忙しくてシーズン最終日までで80戦ちょっとしか潜れず、最終日の深夜、無理やり詰め込んだらこの体たらく。結局トータル100戦ちょっとしか潜れていません。

 

僕のことは嫌いになっても、エルフーンのことは嫌いにならないでください。

 

今回のパーティは動画でも紹介しておりますので、いちいち読むのが面倒な方や、実際の対戦が見たい方はこちらをどうぞ。

www.nicovideo.jp

それでは1体ずつご紹介。

 

 

エルフーン

f:id:kikuitiniconico:20170520175117p:plain

@こだわりメガネ 臆病CS 【ムンフォ エナボ サイキネ めざ炎】


S2で使ったカバドリにもいたこの子。

 

正直SMでエルフーンが生き残るには、メガネとイーブイバトンの起点づくりしかない気がします。

 

とはいえ、リザードンパルシェンが苦手な水タイプ(アシレーヌカプ・レヒレ等)や、リザードンボルトロスが苦手な地面タイプ(カバルドン等)に強いので、しっかりパーティの補完をしてくれました。

 

ジャロゴーリにめっぽう強いのは、かなり評価できると思います。

 

 


リザードン

f:id:kikuitiniconico:20170520175154p:plain

@リザードナイトX 陽気AS 【逆鱗 フレドラ ニトチャ 剣舞】


S2で使ったカバドリにも(ry

 

先発で出すことが多かったです。ゲッコウガやカプ・コケコにニトチャから入って相手を崩します。

やっぱりリザはXもYもニトチャ型が好きです。僕が竜舞使うのヘタ、という理由もあります。

 

 

パルシェン

f:id:kikuitiniconico:20170520175236p:plain

@きあいのタスキ 意地AS 【つらら ロクブラ 礫 からやぶ】


そもそも、この構築は「初めて出るオフ会で失敗しないように、なるべく頭を使わずに戦いたい」という、のび太くんみたいな思いから生まれました。

 

そこで、考えたのが「リザパルで積みリレーして殴る」というもの。その意味でこの子は、この構築の原点。

 

説明する必要のない、昔ながらの強いヤツ。実は前から使ってみたかった。

 

そういえば、ファクトリーで対戦相手の方から「パルのSライン教えてください」と言われたので、「ぶっぱですよ」と答えてしまいました。

 

最近は最速パルもいるらしいですね。今度から、ちゃんと「準速です」と言います。

 

 

 

ボルトロス(霊獣)

f:id:kikuitiniconico:20170520175307p:plain

@カクトウZ 臆病CS多少耐久調整 【10万 めざ氷 気合玉 悪巧み】


流行ってるヤツ。この子も前から使ってみたかった子。

 

積みリレーするのにもう1体欲しいな、と思って投入しました。

 

リザパルで突破できない耐久水を突破してもらいます。

 

 

 

ギルガルド

f:id:kikuitiniconico:20170520175345p:plain

@たべのこし 控えめCSベース 【シャドボ 毒々 キンシ 身代】


ここまで好きなポケモン詰め込んだせいで、残り2枠が過労死枠になってしまいました。その1枠目。

 

採用理由はテテフへの引き先が欲しかったからと、ポリ2が重かったからです。

 

有利対面で身代わりしてるだけで強かったです。

 

あと、この子は、バレルドランとウツロイドに対する最後の希望です。特にウツロイドに関しては、どうにかこうにかこの子を盾にやり過ごす必要があります。

 

 

 


アシレーヌ

f:id:kikuitiniconico:20170520175406p:plain

@オボンのみ 控えめBC 【アリア ムンフォ アクジェ 滅び】


今までの5体目までバトルボックスに入れてみたところ、バシャとギャラに弱いことに気づき、採用。

 

レヒレでもいいかな、と思いましたが、S2で使ったスイクンの火力に失望した経験からアシレーヌにしました。

 

Bに振って、オボンをもたせたことで物理龍にも強くなりました。ガルーラの捨て身もオボンのおかげで1発耐えます。

 

ちなみに、ファクトリーまで滅びの歌を1回も使ったことがなかったせいか、バトンパに対して選出するのを忘れました。大会一番の後悔です。

 

 

 

 

 

このパーティの強い点は、立ち回りが簡単なこと。
弱い点はウツロイドで壊滅すること。あと、ステロがズバズバ刺さること。

 

 


お読みいただきありがとうございました。何かあればTwitterの@kikuitiniconicoまで。

 

S4と真皇杯予選、頑張ります。(パーティ決まらねえ…)