第二回ファクトリーオフ オフレポ 〜はじめてのおふかい〜 (その2)

 

菊一文字(@kikuitiniconico)のファクトリーオフレポその2です。今気づいたけど、どこまでお名前出してええんや?

f:id:kikuitiniconico:20170508181826j:plain

Chapter3 はじめてのおふかい

 


5月4日

ファクトリーオフ当日。


友達と会場の大田区産業プラザPioに到着。


「「どこに行けばええんやろ……?」」


とりあえず人が集まっているところへ行ってみると


『こちら声月の列になりまーす』
「「ちゃうみたい」」


会場は4階でした。友達とシングル大会の受付へ。

もちろん友達はQRチケットを出してスッと中へ。

 


菊一文字「すみません。yahooにログインできなくてチケット取り出せなくなりました……」

???「あ、わかりました。あ、ちょっとー Refuさん呼んできてー」

菊一文字「申し訳ないです……」

???「大丈夫ですよー^ ^」

 


受付優しい方でよかった……どなただろう、と思ったら、トスタポンテさんでした。

 

Refuさん「お待たせしました。お名前お願いします。」

菊一文字「菊一文字です。」

Refuさん「あ、本名よろしいですか?^ ^;」

菊一文字「ゴメンナサイ。〇〇です」

Refuさん「身分を証明できるものありますか?免許証とかなんでもいいんで…」

菊一文字「はい」

Refuさん「ありがとうございます。手動で受付しましたんで、名札とバッジ受け取ってください。」

菊一文字「申し訳ないです。ありがとうございます。」

 

 

よかった……と一安心。トスタポンテさんもRefuさんもお手数おかけしました。

 


と、いうわけで受付は完了。僕はじめんブロックに配置されました。

 


会場には既にたくさんの参加者がいました。驚いたのは(という失礼ですが)、美男美女、茶髪金髪(僕もその日茶髪でしたが)、中にはカップル(多分)がたくさんいて、僕はなんかふええ……ってカンジで…

 

じめんブロックのテーブルには既に何人か席についていて、僕もそこに、よろしくお願いします、と座ったのですが……

 

すぐに友達からLINEが...

f:id:kikuitiniconico:20170508220702j:plain

ホント、これ、大丈夫か…?

 

と、思いながら、別れたはずの友達と再び合流し、実況者ジムの対戦が映されているスクリーンの前に移動。

 

スクリーンの前には、ブルーシートが敷いてあり、そこに2人で座り込みました。

 

すると...

 

 

「はじめまして」

 

ふっと横を向くと、友達が見知らぬイケメンと挨拶していました。どうやら、イケメンさんはファクトリーオフの運営の実況者さんのイラストを描いておられた方で...

 

菊一文字「あ、暇士さんのイラストTwitterでみました」

 

と言ったところ、そのイラストを見せていただきました。

 

「このイラストにサイン貰うんです。僕じゃないんですけど、友達の【実況者】のために。彼、今、野球やってるんですよー」とのこと。

 

シングル大会の時間ギリギリまでお話しさせていただきました。ありがとうございました。

 

席に戻って、しばらくしたら対戦開始。どうやら僕と同じように対戦オフが初めての方も何人かおられるようで、ちょっとぎこちない感じでスタート。

 


使用構築はコレです。

kikuitiniconico.hatenablog.com

 


対戦をしていく中で、同じブロックの方とだんだん交流が図られていき、昼休みは対戦相手の方の1人と一緒にコンビニ行きました。

 


菊一文字「どちらからいらしたんですか?」

対戦相手の方「〇〇からです。〇〇大学です」

菊一文字「じゃあ、ポケサーとか……」

対戦相手の方「入ってますよ」

菊一文字「じゃあ、【実況者】さん……」

対戦相手の方「【実況者】知ってるんですか!?」

菊一文字「僕、生放送も見てますし、普通にファンですよ」

対戦相手の方「あの過疎実況者を観て頂いてありがとうございます!アイツ今日野球やっててきてないんですよー」

菊一文字(デジャブ)

 


コレちょっと面白かったです。(書く必要はなかった)

 

 

と、いうこともありつつ僕の最終結果は、予選を7勝2敗で1位通過、決勝トーナーメントは2回戦負けでベスト16。勝利者バッジももらえて満足でした。

 

自分の対戦が終わった後しばらくは友達とBVを見せ合って反省会してました。

 

友達は予選敗退だったのですが、僕よりよっぽど高度なプレイングしてました。僕が予選抜けたのが申し訳ないぐらいに......

 

2人であーだこーだ言ってる間にそれぞれの企画(エンジョイレンタル、ガチレンタル、シングル)の3位決定戦と決勝戦が始まりました。

 

スクリーンの前に移動して観戦。とても盛り上がりました。これは是非TSや動画をご覧ください。

 

全企画終了したら、勝利者バッジが余っているということで、実況者さんとのジャンケン大会が始まりました。

 

友達も頑張っていましたが、実況者の皆さんは駆け引きがうまく、ジャンケンが強かったので(?)残念ながらバッジゲットならず。

 

これでファクトリーオフは終了...

 

 

したとたんに、僕らはライバロリさんに駆け寄って「サインお願いします!」

 

DSの裏にバーいただきました。

f:id:kikuitiniconico:20170508181818j:plain

 

 

それからすぐにあみゅさんのところへ。既に列ができていました。

 

僕は地声実況者の中ではあみゅさんが一番好きなので緊張してました。

 

菊一文字「おつかれさまでした!サインお願いします!」

あみゅさん「(菊一文字の名札を見て)漢字の人はじめてみた」

菊一文字「最実観てポケモン始めました」

あみゅさん「ありがとう」

菊一文字「アグノムサクラ観てあみゅさん好きになりました」

あみゅさん「やめて」

f:id:kikuitiniconico:20170508182045j:plain

 

 

 

あとは...

菊一文字「おつかれさまでした。サインお願いします!」

ペリカンさん「はーい」

f:id:kikuitiniconico:20170508182124j:plain

 

 

菊一文字「おつかれさまでした。サインお願いします!」

バギー船長「僕でよろしければ〜」


そして一番嬉しかったのが...

 

菊一文字「おつかれさまでした。サインお願いします!」

トスタポンテさん「ごめんなさい。サインは書いてないんです。よろしければお名前を...」

菊一文字「菊一文字です!」

トスタポンテさん「あ、予選抜けられてましたよね。オフはよく行かれるんですか?」

菊一文字「今日が初めてです!」

トスタポンテさん「へー!すごい!僕なんて最初のオフ4-4でしたから...初めてで予選抜けはホントにすごいです!」

菊一文字「実は最実観てポケモン始めたんです」

トスタポンテさん「そう言ってくださるのホントに嬉しいです。ねぇ?」

JPNさん「ん?おぉ?」

トスタポンテさん「お住まいは関東ですか?」

菊一文字「はい!」

トスタポンテさん「では是非他のオフも出てみてください!JPNOPENは7月だっけ?」

JPNさん「ん?おぉ!」

菊一文字「また機会があればお願いします」

トスタポンテさん「はい。またお会いしましょう」

 

 

みなさん丁寧に接してくださってとても嬉しかったです。ありがとうございました。

[To be continued...]

 

f:id:kikuitiniconico:20170508181829j:plain