エルフニストのアローラ戦記外伝 #3

#2の頭でイジけたことを書いたらTwitterで励まされ、恥ずかしくなりました笑。

今回はちょっと真面目に環境考察してます。

 

f:id:kikuitiniconico:20171012212046j:plain

 

#2

kikuitiniconico.hatenablog.com

 

 

【Season3】

 

2000達成をしてメガネエルフーンがSM最強だと信じているから、ファクトリーもメガネエルフーンで挑戦。

 

結果は、初めてのオフにしてなんと、予選1位抜けベスト16。これがいけなかった。

 

その後はボロボロになるまでメガネエルフーンを使い続け、気がつけば真皇杯も負け、シーズン3も中盤。真皇杯に至ってはバカの1つ覚えで、雨パにメガネエルフーンを入れてた。救いようがない。

 

これはいかん。2000達成の目標はクリアしたのだから、落ち着いてエルフーンの原点である、やどみがに立ち返る。

 

すると、俺は恐ろしいことに気がついてしまった。

 

ーラキグライに、勝てない。

 

受けルーパーもZ技の登場等でかなりの逆風を受けていたが、シーズン2から急激に数を増やしていた。

 

エルフーンが受けルに強いか」問題はXYの頃から議論されていた。理論上、やどみがエルフーンは受けル(特にラキグライ)に対してほぼ無力だ。しかし、条件さえ整えば、エルフーンTODの主導権を握ることができる。

 

もちろんこれはORASまでの話で、現在の持ち時間制のルールでは、やどみがエルフーンが受けルにできることは、ほぼ何一つない。

 

シーズンが2つ終わったというのに、まだ気づけていなかった弱体化があったことに愕然とした。

 

それとは関係なく、シーズン3では、バンギラスカビゴン等の受けループメタメタの開発に成功した受けループや準受けループが上位に食い込むことに成功していた。

 

これには驚いた。確かに、シーズン2の方が上位の受けループの数は多かったかもしれないが、これはバンク解禁直後のシーズンであったことが大きいと思う。

 

しかし、シーズン3でも結果を残した受けルーパーの対応力は凄まじいものを感じた。

 

そして、シーズン3で感じたことがもう1つある。

 

サイクルパが増えた。

 

SM開始当初、「サイクルはキツくなった」と言われていた。しかし、シーズン3では、特にマンダ入りのサイクルの数が、かなり多くなった気がする。

 

そもそもSMでサイクルがキツい、なんてのがただの素人意見に過ぎなかったかどうかはわからないが、環境全体でサイクルパが見直されたのは間違いないと思う。

 

今考えると、メガネエルフーンが通りにくくなった原因は、案外そんなところにあるのかもしれない。

 

なんでこんな話をダラダラしたかというと、このころ俺はレートなんかせずにペルソナ5